店長ダイアリー

【特集】おうちSHOPリニュアル物語 ~ 第二回 リニュアルしようと思った理由 後編

甲子園の隠れ家的おうちSHOP Maimyshop 吉野舞依子です。

先日とあるお客様からこんな話を聞きました。
ショッピングモールでお買い物をしていたら、こんな声・・・
「最近Maimyshop行った?」「忙しくてなかなかいけないんだよね~。」
「また近々一緒にいかない?」「うん。いくいく~♪」

私の知らないところで、こんな会話されてるなんて、ちょっとうれしくなりました。

お友達つながりで始めたお店ですが、
ひたすら走っているうちにここまでになったんだなあ。と。
それはお客様が私の気持ちをどんどんつき動かしてくださって今に至るんです。

お客様と身近に接しているからこそ、感じる事があります。

お店が認知されるようになってから、
身近に自分のスキルを活躍できる場を探している人がたくさん多いという事。

そしてまちライブラリ―。
人と人が身近につながりを持てる。
なんとなく、心が通い合う。そんな心地いい場所を必要としている事。

私自身、東京出身。家族に関西出身の人はおらず、
結婚して、子育てをしながら自力でいろんな人とコミニティをつくってきました。
よもや、それがお店になるとは思いませんでした(笑)

Maimyshop でスタートした作家さんたちも
今では、それぞれグループになったり、いろんな場所で活動されています。

そして開業して半年。いろんな作家さんやワークショップの企画
お問い合わせをたくさんいただくようになりました。
いろんな人たちがそういうきっかけや場所を求めている事を感じています。

想いを共感してくれる方への場の提供

いろんなことをチャレンジできる場の提供。
人と人がつながって素敵なご縁になるような癒しと活力になる場の提供。

私自身のこだわりをもちつつ、
活躍できる場所を想いある方に提供できる場所。
作家さんや先生の活動の提供の場も作りたいと考えています。

想いに共感してくださる方だけがあつまれる場所にしたいとおもいます。
販売できればどこでもいい。なんとなく場所探してる。イベントのついでに。。。
そういう方はお断りしたいのです。
なぜなら、そういう場所なら、うちである必要ないと思うから。
うちでなくてもそういう場所は沢山あると思うし、
なにより、私がそういうお店をしたいわけではない。
単なるレンタルルームをしたいわけではないのです。

私には、サービスを提供する人。購入する人。
その橋渡しをしてきたからこそのお店に対する想いがあります。
その想いを共感してくれる方々と秋からいろんな企画をしていきたいとおもいます。

家族があってのMaimyshop だということ。

息子も仕事に同行する機会もありますが、
おかげさまで随分いろんな方とのコミニケーションができるようになりました。
仕事に一緒に連れていけるときは連れていくことが
なにより息子の社会勉強だとこの半年実感しています。

もし、起業を考えていて、子供をあづける事ばかり考えている方がいたら、
むしろ、自分で起業するなら、子供の成長にあった企業の仕方もあるのではないか?
子供も同行できる仕事。
子供に仕事をする親の背中を見せる起業の仕方もあるのでは?
そう思っています。

子供を連れて仕事をするから甘えていいということではありません。
寧ろ仕事って、楽しいことばかりでないんです。
そういう事も含めて子供に教えていく事。大切だと思っています。
仕事をするのに、正直、子供がいないほうが楽だと思うこともあります。
自分のペースでできるから。ややこしくないから。

でも私は母親として今しか見る事の出来ない子供の成長を身近で感じて
親として子供と一緒に成長していきたい。
だからおうちSHOPという選択をしたんだと思います。

自宅でお店をすること言うことは簡単なことではありません。

でも。それをする事でお金に変えられない価値もあるんです。

そんな価値を追い求めて。

家族は幸せになれる起業のかたち。これからも追い求めていこうと思っています。

みんなでつくろうコミニティGarden募集中です! 案内はコチラ↓

夏休み特別企画!「Maimyshop コミニティ Garden」をつくろう! With ミドリカフェ

2016-06-14 | 店長ダイアリー
まちライブラリ
LINE@
Instagram