店長ダイアリー

おうち相談は決まらないところから。

あなたのライフスタイルアイデンティティがうまれる『Ba』場

Maimyshop 吉野舞依子です

今年からはじまったおうち相談

おうち相談への想い おうち相談て何

実はすでに三人の方からご相談を受けました。

事例1
現在団地にお住いのHさん。40歳 お子様三人 。
モノが多くて、片付けが苦手。お子様が散らかすので片付かないストレス。

事例2
中古住宅を購入のKさん。30代。お子様三人。
引っ越す前に。部屋を整えたい。

事例3
中古住宅を購入検討中のNさん。30代お子様二人。
間取りが気に入ってるが、内装で手を入れたい。

ざっとこんな感じです。

皆様事情がそれぞれあり、我が家のおうちリニュアルをご覧になり、
自分たちも。と思われたのがきっかけです。

三組それぞれご相談をうけて感じたこと。

何かをやらなければならない。行動を起こそうとしてらっしゃるという事。

確かに、それぞれ現状になんらかの不満があるからこそ、
行動を起こそうとしてるわけなのですが、
よーくお話しを聞いてみると。実際に手を加えるのはもう少し先でも遅くないという事。

ご自身で手を加えたいお気持ちはよくわかるのですが、
まだまだ考えがまとまっていなかったり、やろうとすることが本当に
自分たちの望んでいる事なのか?まだぼんやりとしていたり。

今回の事例では皆様すでにそこに生活できる空間があり、
今すぐ手を加えなくても生活できる環境が整っていたことです。

例えば、水が使えない。ガスが使えない。トイレが使えない。
これは住むのに困りすよね?

でも。本棚がほしい。壁紙を変えたい。机がほしい。
こういう事は今すぐなくても生活に困るかといえば決してそんなことはない。
あれば便利かもしれない。でも実は不要なものかもしれない。

もっと自分たちの生活スタイルを見つめてから
手を加えても遅くない段階でした。

購入を検討するにあたっては、様々な手続きと関連業者さんの兼ね合いもありますから、
検討したほうがいい場合もあります。
そのあたりの事をアドバイスさせていただきました。

事例1の件に至っては、一緒にお片付けを手伝い。
不要なモノの整理を一緒にさせていただきました。
それだけでもスッキリして、まずは、そこで暮らしてみて、見えてくるものを考える。

おうち相談は 何かを作る為だけに相談するわけではありません。

何かをすべきか、しなくていいのか。
ぞれはプロに頼むべきか、自分で解決できることなのか?
自分のしたいことは自分でできる事なのか?
そういった心の整理のご相談の窓口でもあります。

我が家も現在進行形。築4年が過ぎますが、どんどんその形態は変わっています。
寧ろ住まいはライフスタイルの変化で柔軟に変えていいのです。

そんな我が家の事例をみながら
悩みを共有する場所に活用していただけたらと思います。

おうち相談はそんな場所です。

オープンハウス@プチ相談会開催  お気軽にどうぞ

 

2017-01-31 | 店長ダイアリー
まちライブラリ
LINE@
Instagram