店長ダイアリー

お子様連れ可能って書いてあるけど?

西宮ママが生き生き住まい暮らし
Maimyshop 吉野 舞依子です。

こんなキャッチフレーズみませんか?
ママの為の講座 お子様連れ歓迎

お子様連れで参加したい!
そんなお母さんには気になるフレーズですよね。

が、しかし。

実際行ってみたら…
☑子どもがぐずって落ち着いて参加できなかった。
☑子どもが入り口に入るのを嫌がり苦労した
☑お子様連れ歓迎と会ったのに、ほかの参加者から
冷たい視線を感じて居心地悪かった。
☑行ってみたら ダメとは言われないけど静かにして!
そんな雰囲気だった。

などなど
本当にお子様連れで安心して参加できなかった( ;∀;)
そんな悲しい声をよく耳にします。

これは開催する側にとっても考える問題ですね。

そもそもなんです。
子どもってわかるんですよね。
お母さんが自分のために見ていてくれるかどうか
この場所は自分のための場所なのかどうか
ちゃーんとみてるんです。

実はね。私も昔そんな悲しい想いした経験あるんです

お子様連れ歓迎てなっていったけど、
文句は言われないけど冷ややかな感じ。

子どもがおとなしくしてないと
いい子でいないと迷惑~みたいな感じ

息子も敏感に空気を感じる子だったので、
あ。この家やだ。自分のための場所じゃない。

そんな空気を感じる子だったんです。

おしゃれな場所 おしゃれな空間
大人には魅力的ですよね。

でも子どもにはどうでしょう?
ママにはどうでしょう?

あーあれ割ったらどうしよう?
子どもが汚したらどうしよう?

そんなことを気にしながら
集中できるかって出来るわけもなく。
結局気疲れしておわっちゃうんです。

うちはもうですね~。こんな感じでやってます(笑)
そう。すぐ近くにはお母さんもいます。

おなかがすいたらお母さんに。
泣いたらちょっと席外しますOKです♪

うるさくてごめんなさい~
子どもは元気で当たり前!

お子様連れのママもそうでないママも
一緒に温かく見守る空気があります

お子様連れ歓迎ってどういう事なんでしょう?

来ていいよ~でも静かにしてね。
モノ壊さないでね。
遊ぶものなんてないし。

それって歓迎してるのかな?
私が親子で参加するとき感じたこと。

それならいっそ
静かで 聞き分けが良くて じっとしてられる
お子様のみご参加可能!

そう書いてくれたほうが親切かもですよね(笑)

Maimyshopにご参加くださるママには
ママだけでなくお子さんにも
つらい思いはさせたくない!
私の想いが詰まっています。

あっでも帰る頃に帰りたくない~( ;∀;)
泣かれるお子さんは沢山います(笑)
それだけはご容赦を(笑)

おむつ替えだって授乳だって 飲食持参も大丈夫!
安心してお越しください(*^^*)。

2018-03-14 | 店長ダイアリー
まちライブラリ
LINE@
Instagram