店長ダイアリー

お客様の声から学ぶこと

西宮心地よい暮らしMaimyshop

今日とあるお客様と話をしていた時のこと。

「Maimyshopさんに前々から行きたい!
そういうお友達が何人かいるんですけど、
一人で行く勇気が出ないから
今度一緒に行こうって話してるんですよ♪」

「ありがとうございます!是非お待ちしてます」

そんなやり取りだったのですが、
そのあと、私はふと思ったのです。

【敷居が高いと思われてるんだ・・・】

行きたいと思っているのに、
敷居が高いと思われていたことも
驚きだったのですが、
そう、思わせていたことにも考えさせられました。

敷居の高い低いの基準は人それぞれ。
修正ができる点できない点はあります。
ですが、
行きたいと思っているのに
敷居が高くて行けないと思われている。
これは大きな問題!

何がそう思わせているのか。
これから私の改善が続きます。

こんな風に
Maimyshopは日々お客様のお声があって
日々改善。

こういう本音のお気持ちは何より大切。

クレームやよくない点を指摘されるのが
嫌だという人もいますが、
そういう言葉こそ、
お店をよりよくする大切な言葉だと思っていて、
ほめられること以上に貴重だと思っています。

そういう指摘も頂けなくなるのは
一番よくないこと。

これはMaimyshopで関わったたくさんの人々。
そして、
住宅建築の仕事をしていて
現場の職人さんや
お客様から学んできたことでもあります。

私の周りには
お店のことを真剣に想い意見をくださる方が
たくさんいます。
本当にありがたいです。

想いのあるお店だからこそ
ついつい自分の想いだけに走りがちなんですが、
自分の気が付かない視点を
親身に指摘してくださる方の存在が
公私ともにありがたい。

そう思います。

皆さんは自分に対する
クレームや指摘を受けた時。
どう思われますか?

もちろん最後に決めるのは自分。

ですが、
どんな意見であれ
いったんは受け止める度量を持ちたいものだと
おもうのです。

これからも愛のあるご指摘
どんどんお寄せくださいね(笑)

2017-11-15 | 店長ダイアリー
まちライブラリ
LINE@
Instagram