ママの為の読書会 テーマ本 サピエンス全史(上・下)(終了しました)

ワークショップ

まちライブラリ@Maimyshopの読書会 ~自分の価値をあげよう!
 
テーマ『 子どもの未来のために自分の子どもに何を残しますか?』
 
~自分の気持ちに素直に正直に生きる事 そこに笑顔が生まれる~

子どもたちの笑顔のためには大人が笑顔!
こんな想いから読書会を開催しています。

詳しくはこちらの案内をご覧くださいね。
http://wp.me/p7dGpg-1AT
11/15日(木)のテーマ 「サピエンス全史」
今回の読書会で扱う本は、
「サピエンス全史」ユヴぁル・ノア・原リ著です。

「文明の構造と人類の幸福」
というサブタイトルがついています。

著者は1976年生まれのイスラエル人歴史学者です。
オックスフォード大学で中世史、
軍事史を専攻して博士号を取得し、
現在、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えています。

この本はビジネス書大賞2017で大賞を受賞した作品です。
クローズアップ現代でも取り上げられています。

世界中の主要メディアから称賛され、
ジャレド・ダイアモンドなど歴史家、
ダニエル・カーネマンなど経済学者、
さらにはビル・ゲイツやマーク・ザッカーバーグらも
先を争うように熟読した本としても知られています。

『サピエンス全史』には、人類の7万年分の歴史が描かれていて
その歴史から ヒトの幸せとは何か?幸福とは何か?
そんな事を問いかけ考える本です

自分にとって家族にとって幸せとは何か?
幸福とは何か?
大切な事とわかっていながら明確な答えは
なかなかだせないもの。

ですが、この本を知る事で、
自分にとっての幸せとは何なのか?
それは生き方やひいては暮らし方に通ずるものがあると
思っています。

今子供たちは勉強やカリキュラムに沿ってする事に
長けていても、ぞれを自分の人生どう生かすのか?
考える力が弱い子どもが多いと言います。

それは生きる目的や意味を考える事なく
目の前の与えられた事をこなす機会が多いからなのでは?
そんな風にも感じています。
突き詰めれば、自分にとっての幸せを考える機会が
ないのかもしれない。
そんな風にも思うのです。

お母さんがこの本を読むことで
子どもにつたられる事があるのではないか?
そう感じてもいます。

☑自分やご家族の幸せを考える引き出しに
☑お子様に自分にとっての幸せとは何か?伝えるきっかけに

学校教育や道徳では学べない
自分で自分の幸せ幸福とはなにかをみつめる機会に
是非この読書会を活用いただけたらと思っています。

 

今回は、こちらの本をご紹介したいと思います。
「サピエンス全史」ユヴぁル・ノア・原リ著です。

この本は、まさに
「『幸せ』を考えるためにある」
ような本です。

上下巻と分厚いからと尻込みしそうですが、
難しい概念や専門的な言葉も少なく、
とても読みやすい本です。
一方で、著者が研究者・教育者であるだけに、
「知らなかった」に出会えることも多いのも特徴です。

本書は読み手に、答えのない問いを投げかけることで、
「生き方」をみつめる絶好の題材を提示しています。
「あなたにとっての幸せ」
を生きるための生き方です

知識ばかりをゴリゴリに詰めましょう、
という話ではありません。
むしろ、本書を読むことで物事を大局的に俯瞰できるため、
あなたの頭を柔らかくし広い視点をもたらすことでしょう。

なぜなら、本書が「答え」を提示するものではなく、
歴史的な人類の変化を淡々と語ることで、
読み手に「良質な問い」を持つ機会
与えてくれるからです。

ノウハウ本ではなく、
このような「答えのない本」を読むと、
大概は「じゃあ?」「だから?」
といったモヤモヤ感や憤りを感じることがあるかもしれません。

私たちは、すぐに与えられる「答え」や
早急な結果を求めがちですが、
必ずしも、簡単に手に入れられるものが「いい」と思っていない、
という矛盾を抱えています。
どこかで「本物」に近づきたいと、
多くの人は感じているのです。

そんな矛盾を解決してくれる
ひとつの手段が、「良質な問い」です。

必ずしも「答え」がないものであっても、
そこに「良質な問い」を投げかけることで、
「答え」を見つけることができるからです。
まるで、人とのコミュニケーションをとるように、
本と対話するわけです。

そもそも本書は、著者自らがもつ「問い」を
歴史的根拠に照らし合わせながら説明することで、
著者なりの「解」を提示する流れを持っています。

その「問い」とは、たとえば
「人類はどうして他の動物を差し置いて繁栄ができたのか?」
「人類の『豊かさ』とは?」
「文明は人間を幸福にしたのか?」
著者自身もこのような自らの「問い」に応える形で、
歴史家として史実を提示しながら
著者なりの「解」を引き出しているのです。

ネット上の消費する情報に飽きてきた方にこそ、
本書がおススメです。

それほど難解な概念も言葉もない本書は、
とても読みやすいものです。
決して「答え」を提示してくれるものではありませんが、
<自ら考える>という土壌を提供してくれます。

著者はこのように言います。
「何が良いかという定義は文化によって異なるし、
良さを比べる客観的な物差しもない」
「何をもって(幸福)を計測すべきかを決める必要がある」

ぜひ本書から、
「幸福」を図るあなたなりの物差しを得てみてください。
誰にも強制されるものではなく、
誰にも干渉されるものでもない、あなただけの「幸福」です。

( リーデイングファシリテーター 後藤 安賀里さんからのご紹介より。)

いかがでしょうか?
普段幸せとは何か?考えたりする機会
そうないのではないでしょうか?

ですが、人が生きる上で
幸せであることが
何より大切なのではないでしょうか?

そしてそれは自分の価値観で決められる事
なんだと思います。

この読書会で得た知識を日常の暮らしに
生かしていただけたらと思っています。

◆こんな人に是非♪
✔毎日が忙しくて自分の時間がなかなか持てない
✔最近、子どもとどんな話をすればいいのか分からない
✔子どもの話をちゃんと聞いてあげられていないような気がする

こんな「ママ」は、ぜひご参加ください!!

◆読書会で何がえられるの?
◎自分や家族、子どもたちに対する漠然とした「想い」が言語化できる
◎「知りたい」「欲しい」と思っていた自分なりの答が見つけられる
◎うまくいかない状況を打開するヒントが得られる
◎自分を取り巻く環境を冷静に確認ができる
◎家族のことから一歩離れて客観的になれる
◎誰かと本を読むことが楽しくなる

Read For Actionが初めてでも、本書が初めてでも大丈夫!
参加者のみなさまが楽しみながら「知りたい!」を持って帰ってもらうために、

読書会は専門のファシリテーターが進行します。

ご参加お待ちしております♪

概要

イベント名ママの為の読書会 テーマ本 サピエンス全史(上・下)(終了しました)
開催日時2017年11月16日木曜日 10:00~12:00(シェア会13:00)
料金3000円(シェア会参加 4000円)
講師後藤 安賀里 吉野 舞依子
定員4名
備考●ご登録後、自動返信メールを送りますので、 迷惑メールに引っかからない様、info@maimyshop.com の設定確認をお願いいたします。ドメイン設定もご確認ください。 返信メールが届いていない場合は再度お問い合わせください。 【キャンセルポリシー】 ●開催当日より7日前までのキャンセルは30%手数料申し受けます。それ以降のキャンセルに関しては返金はありません。 ●未入金の場合も上記規定によりキャンセル料がかかりお振込み頂くことになりますので キャンセルの場合はお早めにご連絡ください。 ●繰り返しキャンセルをされますと今後の参加をご遠慮頂く場合がございますので 日程調整の上お申込みお願いいたします。 ご不明な点やご質問がありましたら下記メールアドレスまで お気軽にお問い合わせください。 info@maimyshop.com

お申し込みはこちら

2017-11-14 | ワークショップ, Workshop
まちライブラリ
LINE@
Instagram