店長ダイアリー

主婦が起業する事。

甲子園の隠れ家的 おうちSHOP Maimyshop 吉野舞依子です。

今週はすっきりしないお天気が続きますね。
明日は小さなお子様連れのアイシング教室や週末は運動会。
ハラハラドキドキの一週間になりそうです。
明日お越しの方はお足元気を付けてお越しくださいね。

今お店をリニュアル中といっていますが、
「お店の内装工事してるんですか?」と聞かれるkとがよくあります。

たしかに、お店の中や外回りを公私ともに使いやすくするためいろいろ手をいじっています。

なにしろ おうちSHOP。普段は日常生活を過ごしている場所でもあるので、
プライベートとお店のメリハリをしっかりつけるにはどうあるべきか?
常に問い続けて、なおかつ、子供の成長とともに、家も変化するもの。
そういう考えもあるので、

「お店の成長×家族の変化と成長」

平行作業で考えています。

お店の成長 の中での私自身のテーマ 「主婦が起業するという事」

核家族社会の中で、子供を親にあづけるわけにもいかず、
保育園、塾や学費の捻出。
習い事や送迎、留守番させる不安。
再就職の難しさ、パートの重労働。
将来の老老介護。自分自身の体。子供のいじめや自殺問題等々。
数を挙げればきりがないと思います。

今主婦を取り巻く環境はこれほど余裕がないものかと考えさせられます。

そんな中でも主婦が子育てを前向きにできるように、
自分の時間で生きがいを持てる仕事をする!
そんな多くの想いが 今の起業ブームにつながっているのだろうと感じています。

私自身、当初 子供ができたら、保育園のあづけて、復職!
バリバリ建築の仕事の復帰!

そんな風に考えてました。

サラリーマン家庭で育ち、私の母親も仕事をしていたので、
それが当たり前だと思っていましたし、そうしたいと思っていました。

ですが、息子が生まれ、子供を預け仕事をするという事に、惑いが出ました。
こんなにも子供はかわいいものなんだと。
両親が遠方に住んでいるので、
親を頼らず自分がしっかり息子を育てなければという想いと
一人っ子息子に寂しい思いはさせたくないという気持ちもありました。

息子の幼少期。とにかく息子のためにといろんな企画をしました。
ママ友達もたくさんでき、
そうこうしているうちに豊田に引っ越し2年で戻り、新築、息子は小学校に。

それから息子の成長で私の時間もつくりつつあり、とはいえ、
息子が社会に巣立つその日まで、いつでも駆けつけられるように
見守れる環境にしつつ、自分もなにかしたい!

そんな思いが、Maimyshopをつくったんだとおもいます。

とにかく人と関わる事が大好きで、そこにコミニティが生まれているのが
人間らしい暮らしを感じていられるから。

そして、この2年半 。たくさんのお客様に来ていただき、沢山いろんな声をきくにつれ、
想いだけでなく、きちんとしないといけない。私の決意表明で起業しました。

もうすぐ起業して1年になります。

この1年駆け足で進んできて、今リニュアルしながら、自分のあり方を見つめなおしてます。

「自分が起業することの意味」「Maimyshopは何のためにあるのか」

そこに自分の一つの答えを見つけつつあります。

「豊かな暮らしを考える事」

皆さんが暮らしが豊かに感じられる時ってどんな時でしょう?

そして日々の暮らしを豊かに感じながら生活できていますか?

私は日常の何気ない時間の中にこそ、感じるのではないかと最近強く思っています。

それができれば、おのずと仕事も子育ても自分らしい生き方に繋がるのだろうと。

私自身、まだまだそれができていない課題がたくさんあります。

お店をはじめて起業して、走ってきた今だからわかる事があります。

今、立ち止まり、考えながらリニュアルを進めています。

そんな暮らしを考える場を作っていけるように。

自分の家族もお店に関わる人達も。そして何より私自身の暮らし。

今日よりも明日。少しでも生活が、心が豊かに感じられる事を考え、
発信つづけ、それを家族や仲間と共有できる事。

難しいけど、やりがいのあるテーマ。

そこに私の起業の意味があるんだと思っています。

2016-09-28 | 店長ダイアリー
まちライブラリ
LINE@
Instagram