夏休み企画 親子読書会 夏休み企画 親子読書会 ①夏休みの予定づくり(親子)②読書感想文のネタ帳づくり(小学生向)

ワークショップ

甲子園 心地よい暮らしづくり
Maimyshop 吉野舞依子です。夏休み企画 第三弾!
親子読書会を開催します!読書会は本を通して様々な考えを
深めていけるのが醍醐味なのですが、
今回夏休みに向けて親子で読書を通して
夏休みに向けての想いをぶつけ合ってもらいます!なかなか年ごろになると
本音で語れない親子関係。
だからこそ、夏休みは親子の関係を
見つめなおす 子どもの本音にむきあってみませんか?今回は
①親子で読書を通じて夏休みの予定を考える編

②読書感想文のネタ帳づくり編

2タイプから選んでいただけます。

①は親子で参加いただく事が基本になります。

②は小学生のお子様以上が対象になります。
(子どもだけでの参加も可能です。)

☑夏休みの読書感想文の資料として
☑夏休み自由研究の題材として
☑夏休み新聞のネタにも活用。
☑読書が苦手な子どもにも📚にふれるきっかけに!
☑親子で本音で話す時間に。
☑ 夏休みの計画を親子で考えてみたい人に。

なかなかない企画なので面白いと思いますよ。

~先生から~
親子読書会は、「本」をツールに、
子どもとお母さんお父さんが「ガチンコ」で会話する
時間を作るための読書会です。

子どもたちには、「本」を使って、
思っていること考えていることを伝えてもらいます。

お母さんやお父さんには、
子どもたちの「読書」を手伝ってもらいます。

そして、「本」から得られる言葉から、
2017年の夏休みに「親子でしたいこと」
「親子でいきたいところ」を計画してもらいます!

お母さんやお父さんの事情は、、、
ちょっと横に置いておき、
子どもが「ほんとうにやってみたいこと」を
その計画に盛り込んでもらうようにナビゲートします。

これは、子どもが主導の読書会ですが、
親子が「じっくりと」向き合う時間でもあります。

読書会には、児童図書から
いくつか持参したいと思います。
そして、その中から「読んでみたい」本を
子どもたちに1冊決めてもらいます。

たとえば、こんなラインナップ。

●『ちいさな「っ」が消えた日』 ステファノ・フォン・ロー
●『星の王子さま』 サン・テグジュペリ
●『ぼくたちのリアル』 戸森しるこ
●『風の又三郎」』 宮沢賢治

これ以外にも数冊ご用意します。
もちろん、「これを子どもと一緒に読んでみたい」
という本があれば、ぜひお持ちください。

子どもたちには、「本がオモシロイ」とおもうきっかけに。
もちろん?!読書感想文のネタにもして頂けます(笑)

そしてお母さんやお父さんには、
「本」をツールに家で普段はできないような親子の会話を楽しんでください。

「こんなことを考えているんだ~」
「こんなふうに話をするんだなぁ」と、
思わず感心してしまうことでしょう。

 

家や学校の参加日では見ることができない、
思うより「大人」な子どもたちの一面を垣間見て欲しいと思います。

「本は苦手」という方でも大丈夫!
「夏休みの読書感想文」が苦手だった
大人の私でも楽しめる読書法であり、
小学校6年生の読書嫌いの娘から「意外な一面」を引き出した読書法です。

2017年の夏休みは一生に一回。
そんな大切な時間を、ナビゲートいたします。

Read For Action とは?
HPより抜粋
Read For Actionの読書会とは「読むだけの読書会」とは異なります。
「実践し、行動する」ワークショップ型読書会です。
読書会の進行役を務めるリーディング・ファシリテーターが、
ビジネス、英語、キャリア、家族など、
さまざまなテーマの読書会を全国各地で企画・開催しています。
そして、読み始めてわずか30分後には
「今まで読めなかった難しそうな本の中身がスッと頭の中に入る」というのも特徴です。

 

先生は心と体を整えるボディーワーカー。
外国語大学でフランス語を学びながら、
NLPなどの心理学やピラティストレーナーなども研鑽されており、
大阪を中心に読書会を開催されている
リーディングファシリテーター後藤安賀里さん。

彼女についてはこちらもご覧くださいね。
http://blog.read4action.com/000193.html

後藤さんは 子育てやパートナーシップ、子育てに悩む
女性をか輝かせる活動を行ってらっしゃいます。

読書会では様々なテーマをもとに、
本をもちより、またはその場にある本をテーマに行います。

毎月1回。様々なテーマで
子育てや仕事に悩む女性を中心とした読書会を企画していきます。

参加者さまが読まれる本は、その場で選んで頂きます。
もちろん、参加者さまご自身がお持ち下さった本を
読んで頂いても構いません。

一見ありふれているようなテーマですが、
このテーマで皆様が選ぶ本はそれぞれ違いますよね。
そこに面白さがあります。

ただこの読書会の特徴は
「予め本を読んでおかなくてもいい」というところ。
「本をよめないくてもいい」というところも。

読書会なのに本が読めなくていい⁉不思議ですね~。

その場その場で生じる『偶然性』の
面白味を味わっていただけるのも醍醐味なのです!!

言葉というものは同じ言葉でも人によってとらえ方が違います。
またそれを知ることでものごとを違った角度でとらえたり、
自分を客観的に見れるのです。

是非本を通して、お子様の本音に
向き合ってつめてみませんか?

過去の読書会レポートはこちら
📚 リーディングファシリテーター 後藤安賀里さんによる ママのための読書会

★日時 7月26日水曜日 14:00~16:00
★料金1200円
★持ち物:テーマを連想させる本をお持ちください!
(もし「これ!」というものがない場合は、
こちらで用意する書籍から
「何となく面白そう」と思うものを当日お選びください)
★親子4組様になります。

メルマガも配信中

Maimyshop 開催情報おしらせ メルマガの購読申し込みはこちら

藤本亜希子×南部明日香 心と体を幸せにする講座 優先案内メール登録の購読申し込みはこちら

オープンスタイルな暮らし方 吉野舞依子の住まい方のヒントの購読申し込みはこちら

友だち追加

概要

イベント名夏休み企画 親子読書会 夏休み企画 親子読書会 ①夏休みの予定づくり(親子)②読書感想文のネタ帳づくり(小学生向)
開催日時2017年7月26日水曜日 14:00~16:00
料金1200円
講師後藤 安賀里
定員4名
備考●ご登録後、自動返信メールを送りますので、 迷惑メールに引っかからない様、info@maimyshop.com の設定確認をお願いいたします。ドメイン設定もご確認ください。 返信メールが届いていない場合は再度お問い合わせください。 ●こちらの講座はお子様連れのご参加はご遠慮いただいております。予めご了承くださいませ。 【キャンセルポリシー】 ●開催当日より3日前までのキャンセルは全額返金いたします これ以降のキャンセルに関しては返金はありません。 1回のみ次回講座に優先的にお振替させていただきます。 (返金は振込手数料差引額) ●未入金の場合も上記規定によりキャンセル料がかかりお振込み頂くことになりますので キャンセルの場合はお早めにご連絡ください。 ●繰り返しキャンセルをされますと今後の参加をご遠慮頂く場合がございますので 日程調整の上お申込みお願いいたします。 ご不明な点やご質問がありましたら下記メールアドレスまで お気軽にお問い合わせください。 info@maimyshop.com

お申し込みはこちら

2017-06-26 | ワークショップ, Workshop
まちライブラリ
LINE@
Instagram