店長ダイアリー

Maimyshop が目指すもの

甲子園の隠れ家的おうちSHOP Maimyshop 吉野舞依子です。

先日 ご依頼いただきまして、お店の取材をしていただきました。

Maimyshopは来年にむけてリニューアル中。

同時にこの夏より、自分自身と向き合う事をしています。

とにかくなりふり構わず走り続けた2年半。開業してから1年。

「自分が本当にやりたかったことは何なのか?」

「本当に伝えたい事ったなんだろう?」

「自分はどうなっていたい?」

ひたすら自分と向き合う一人旅のような感じです。

旅の途中、素晴らし出会い。友人や仲間にも恵まれました。

お店をお休みした事で、いろんなことが見えてきました。

そして、ひとつの答えにたどり着きました。

それが「豊かな暮らし」を考えるお店。

そして、それってなんだろう?それを考え続けるようになり、

「それぞれが、自分らしくなりたい自分に近づける事。手に入れる事。」

そういう想いに至りました。

それは自分がたどってきた道のりでもあるからです。

そして 「ありたいお店  なりたい私」とはなにか?

そんな想いを心のどこかで持ちながら、その一歩がふみ出せずにいる人に、

一歩が進めるように、 安心して寄り添える場所としてサポートする。

太陽のように明るく、月のように、いつもそこにいてそっと見守り続ける。。。。

そんな存在でありたい。

時代が変わっても、毎日同じリズムで動きながら日々の変化を受け入れる。

そんな自分でありたい。

そんな想いでリニュアルに取り組んでいます。

リニュアルに伴い、来年からお店のロゴが変わります。

ロゴにはそんな私の想いが形になっています。

こちらのロゴは ライター熊田美佐さんにおねがいしたもの。

彼女の事については今やたくさんの人が書いているので、言うまでもないと思います。

私の公私を多くを語らずとも理解してくれているからこそ、出来たロゴでもあります。

実はMaimyshopがスタートした、さかのぼる事三年前。

彼女もまた、ライティングという仕事をしていなかった当時、

よなよな話をしながらサラサラ~と書いてくれたお店のロゴ。

今にして思えば、あの時から彼女の才能を見ていたような気がします。

そして三年後の今、またこうしてリニュアルのロゴをおねがいできたのは、

わたしにとっては何か節目を感じずにはいられません。

私の旅路の途中にはそんな素晴らしい友人との出会いもあったのです。

そして、他にもたくさんの出会いの積み重ねがあって今に至ります。

だからこそできるリニュアルともいえます。

豊かな暮らしを手に入れたい。そう願う人たちと、それをサポートする想いの人たちが

この場所でつながって、お互いがなりたい自分を手に入れる。

その一歩を踏み出せるサポートをMaimyshopはしていきたいと考えております。

来年からの活動もどうぞお楽しみに。

 

2016-10-08 | 店長ダイアリー
まちライブラリ
LINE@
Instagram