ケース⑫ 活動をどうやって広めていくか悩んでいる

自分の活動をどうやって広めていくか悩んでいる
ケース⑫滋賀県にお住いの Y様
お悩み

地元でバレエとバーオソルのお教室をされていた
Y先生。地元でお教室もされていて、大人気。
ロシアでバレエを本格的に活動もされている実績の持ち主。
今回当店のページを見てレンタルサロンをご利用いただいています。

今後、活動をどうやって広めていこうかというお悩みでした。

アドバイス

  • 地道に目の前のお客様を大切に。
  • お一人お一人を大切に。
  • 自分の発信怠らない。
  • 伝え続ける事。
  • お客様にとってなぜそれがいいことなのか
    伝わらないと人は動かない。
  • 自分の想いのないものにヒトは感動しない。

先生にありがちなのが
自分のやっていることがこれは絶対にいいはず!
そう思って活動されてらっしゃるので、
自分目線になれてもお客様目線に
なかなかなれない事。

人はそれぞれ生き方も違えば悩みも違うわけです。
なので、人それぞれ必要な事も違うのです。

同じ事を教えているようでも
お一人お一人にとっては違うとらえ方をされています。

そこを気づいてあげられるかも大切な要素だと
思っています。

 

活動を広めるということは
チラシを作る。告知をたくさんする。
そういうことだけでなく、
目の前お客様といかに大切に向き合って
いけるかどうか。

メニューやチラシといったものは
その延長線上にあるものだと思っています。

 

相談を受けて

Facebookのイベント建てやチラシやメニュー
料金設定をいろいろアドバイスもらえて助かります。
また、写真も一人講師では撮影できないので
とても助かります。

マイマイさんのお店の雰囲気が
自分のイメージとピッタリだったので、
利用させていただいています。

スタジオと違う良さがあると思います。

 

マイマイショップでは
レンタルサロンをご利用の先生の
メニュー作りや運営の仕方やレイアウトなども
一緒にご相談させていただきながら
進めています。

一人で悩まずに一緒に進めてみませんか?

レンタルサロンのご利用ご相談はこちらから