あきらめない心 今を一生懸命生きること

今あるおうちで、開放感のある暮らし

ある家をあきらめずに、
理想の暮らしが手に入る

体感型 space&showroom

おうち相談
ワークショップ
貸しスペース

Maimyshop(マイマイショップ)
吉野 舞依子です。

 

おせちが無事届いて、
年賀状の入稿も終わり(到着は7日)
ほっとしていたら、
風邪でダウン↓

出かける予定を急遽取りやめ
実家でこちらを見てました。

私の中で三大スポーツ

  • 箱根駅伝
  • 春の高校バレー
  • 夏の高校野球

小学生のときから
真剣に見てました。

箱根駅伝は小涌園前で応援したことも

春高バレーは中学時代
バレー部で成徳高校と練習試合

高校野球は甲子園に住んでから
応援に行きました。

どれもTV観戦もしてます。

 

こどものころは強いチームに
憧れて、勝ったチームばかり
注目していましたが、

母親になると不思議と負けたチームに
心を寄せてしまいます。

 

大人になると
明日のこと、年齢のこと、
仕事のこと

いろいろ考えてしまって
ついついセーブしてしまう。

 

倒れるまで
足がふらふらになるまで
歩けなくなるまで
あんなに必死になって
何かに打ち込むことあるだろうか?

そんなことをふと思う。

 

学生スポーツの過熱ぶりが
将来の若者の体を
壊してしまう恐れがある。

プロの専門家はそんな目でみたり。

高校野球でエースとよばれ
高校バレーでエースと呼ばれ
箱根で山の神とよばれ

社会人になって数年目
肩を足を故障。
長くプレイできなくなる。

そんな話だ。

 

とある選手がこんなことを言っていた。

「自分にとっては今が
と手のかけがえのない時間」

 

世の中これが王道とか正論とか
いろいろあるのかもしれない。

でも

今を一生懸命生きること。

毎日の積み重ねが将来につながる
のではないかと思う。

そして

最後まであきらめないこと。

もうだめだ 自分には無理だ
そうおもってしまったらおしまい。

くじけそうなときに
あきらめず前に向けるかどうか。

 

こういう経験が人生の糧になるのだろう
そんな風にも思った。

 

そしてチームでつなぐ襷の重み。

仲間同士の助け合う姿。

得られるものは大きいのだと思う。

 

優勝したチームも
負けたチームも
これからの人生に
きっと大きな物を
得られたんだと思う。

 

私も見習いたいと思う。

 

いつも感動をありがとう。
そしてお疲れさまでした。