スタートライン 二年越しの覚悟

ママが生き生き住まい暮らし
Maimyshop 吉野 舞依子です。

今日は 私の小さな目標の一つが達成できた日。

それは 自宅で開業 事業を認めてもらうものを作りたいという事。

二年前 起業を決めて開業届を出した時。

「自宅でなんて仕事として認めてもらえないよ」
「ママの趣味の延長にしかみられないよ」
「立地条件悪いし、わかりにくいし」

そんなことを言われたこともありました。

 

そんな中でもとある方に教えをいただき、
アドバイスをいただいたのが白崎茶会の料理教室のお話

白崎茶会の詳しい内容は
http://shirasakifukurou.jp/cooking-class/

ほんとに不便なロケーションの古民家なのですが、
予約の絶えない素敵なお教室なのです。

 

なぜそこに人があつまるのか?

魅力があるからです。

魅力を感じる人がだれなのか?

お客様です。

 

そう、私だってどうしても行きたい!会いたい!
そう思ったらどんなことをしても行きます。
あいに行きます。

そうおもっていただけないのは
立地条件でも自宅だからでもない

マイマイショップに魅力がないから。

マイマイショップを必要な人に声が届いていないから。

そう思ってチャレンジしては改善の繰り返し。

今もそう。

そんな中で きちんとした事業として認められる一歩として

小規模事業者の補助金申請にトライ

http://h29.jizokukahojokin.info/

 

実は一昨年 昨年と 締め切り間際にお声がけいただいて

それなりにまとめて出したものの不採択。

今年は本腰入れて取り組みました!

いや。あの時はあの時で真剣だったのだけど、

今回改めて取り組んでみて、
今までの甘さを痛感したのです。

事業を認めてもらって補助金をもらうという事は
経営計画がしっかりないといけないし
数字や見通し、理念などなど
あらゆるところをしっかり提案しないと
ダメなんですね。

想いだけは熱い!やる気十分!

それだけで出来るもんではありません。

(もちろんそれも必要なんですけど)

今回ご指導を仰ぎながら

徹底的に自分の事業を見直して
提案報告書を作っていきました。

そして無事採択の連絡が!

今までのいろんなことを思い出し感慨深いものも
ありましたが、これはスタートにすぎません。

二年越しにしてようやく自分の立ち位置のスタートに
たてたというだけの事。

今回補助金が採択されたこと以上に
自分の事業の内容を公の機関に認めてもらえた一歩
それが大きかったです。

夢は見るものでなく叶えるもの。

どんなことがあっても絶対あきらめないこと。

 

この気持ちは棺桶に入るその日まで持ち続けていたい。

そう思っています。