中秋の名月 ~季節のある暮らし~

今あるおうちで、開放感のある暮らし
体感型 space&showroom
Maimyshop(マイマイショップ
吉野 舞依子です。

今日は満月ですね~。
とはいえ、あいにくの曇り空

昨日は十五夜でしたね。

十五夜とは?

「満ち欠けする月の様子」や
「作物が月の満ち欠けとともに成長する」ことから、

  1. 農作物の収穫
  2. ものごとの結実
  3. 祖先とのつながり

を連想し、それぞれに感謝し祈るようになったのが十五夜です。

旧暦では、月の満ち欠けにより日付を決めていましたので、
十五夜(中秋の名月)とは、旧暦8月15日の満月を意味するのだそう。

また、旧暦で秋は、7月~9月となっており、
その真中の日が旧暦の8月15日になるため「中秋」と呼ばれ、
新暦では、9月7日~10月8日頃にあたるそうです。

十五夜は、正確に言うと毎年違う日なんです。

十五夜は、正確に言うと毎年違う日なんです。
旧暦の十五夜を新暦に置き換えて、
9月15日と思っている方も多いでしょう。

しかし、月の満ち欠けを基準にしていた旧暦と、
太陽の動きを基準にしている現在の暦にはズレが生じます。

そのため、
実際には毎年9月中旬~10月上旬の間に旧暦の8月15日がやってきます。

十五夜は、今年は9月24日。それ以降は、以下のとおりです。

2018年:9月24日
2019年:9月13日
2020年:10月1日

なんと!今年は昨日だったんですね!
一歩遅くなりましたが、
私も季節のお花を飾ってお月見団子
本日いただきます。

自宅で仕事をしていると
こうした季節のあしらいが
心の和になります。

大げさなことをしなくても
通りすがりの駅前の
お花屋さんと団子屋さんで。

お月さまの絵本を読むのも
いいですよね~。

忙しい日々の中にも
ちょっとした心のゆとりを。

今週木曜日は絵本講座
二十四節気について学びます。

四季の風習や暮らし。
絵本から学ぶことたくさんあります

お時間ある方はぜひ♪