仕事と息子の成長

今あるおうちで、開放感のある暮らし
今ある家をあきらめずに、
理想の暮らしが手に入る

体感型 space&showroom

おうち相談
ワークショップ
貸しスペース

Maimyshop(マイマイショップ)
吉野 舞依子です。

オットが赴任先について戻って一週間
我が家にも通常の生活が戻ってきました。

いわゆるワンオペ育児(笑)

40代半ばになり、
若いころとは違うことを実感。

自分の健康にも気を配りながら
息子の成長にも気を配りながら
学校の仕事とMaimyshopの仕事

自分のワークライフバランスを
考えながら仕事をするようになりました。

 

息子が中学生になる事をきっかけに
私の中でもいろんな変化がありました。

それは
チャレンジする事させる事

失敗する事させる事

 

 

自分の子どもは自分が守る!
そんな風に
意気込んでいた小学校生活。

Maimyshopをはじめたのも
自宅でできる事にこだわり
コミニティを作ることに
こだわったから。

自宅で活動していれば
いつでも息子に何かあったら
自分が駆けつけてやれる!

息子に何かあったら
自分が守れる場所にいたい!

そんな風に
意気込んでいた自分が
どこかにありました。

そんな自分に変化があったのは
5年生も終わりの面談で
息子の中学の進路の話し合いでした。

中学をどうするか?
『支援級?普通級?』
方向性を決めないといけない。

小学校もそうだった。
幼稚園もそうだった。

いつも目の前の進級のことばかり。

でも初めてそこで言われた事。

『お母さんは息子さんの将来を
どう考えていますか?』

「???将来???」
中学を卒業して高校?大学?就職?

自分が子どもの時
小学5年生でそんなこと考えたっけ?

小学生の時の夢が雑貨屋さん
中学生の時の夢はフリーター
高校生の時の夢がインテリアの仕事

仕事の認識なんて高校ぐらいから
それまで当たり前に
中学高校みたいな感じ。

なのに今将来のことかあ。

一瞬頭が真っ白になったけど、
次の日から息子の将来について
真剣に考えるようになり、
息子の興味関心事から
どんな事ができるのか?
息子観察が始まりました。

そんな時に出会ったのが
ゲームのお仕事。

 

私には程遠い無知な世界ですが、
息子がそれをしたいのなら
それが仕事になるにはどうしたら?
どんな事をすればいい?

私ができる事は

息子のやりたい事を
応援すること
環境をつくること

そう思いました。

 

そこから
私の調べ学習がはじまり、
学校見学や将来の息子の進路など
どんどん発想が出てきて、
目標が見えてきました。

 

 

具体的な目標が見えてくると
今度はそのために何をするべきか?
課題が浮かび上がってきました。

 

それは
自立に向けて具体的な支援

 

支援て、できない事を
代わりにしてあげる事でもなく
出来ないから手伝ってあげることでもなく

本人が気が付かない事を
いかに気づかせてやれるか?
本人が自分でできるように
いかに手助けしてやれるか?

 

それが今大切だとおもっています。

 

出来ない事をできるように
ということは
自分ができない事に気が付かないと
できるようになるスタートにも
ならない。

それは
息子がいろんな経験で
失敗したり、うまくいかなかったり、
時に挫折したり、悔しい思いをしたり、
そんな経験とそこから
できるようになる事。

 

私は息子を守る事ばかり
考えてきたけれど、

これからは
息子の大人になる自立に向けて

一緒に失敗して
挫折して
悔しい思いをして
そして一緒に解決していく

そんな手助け。

 

私にとっては
これが実は一番難しかった。
親ばかであるが故なのかもしれない

でもそんなとき
仕事がきっかけで
むすこが成長できたことが
多々ありました。

 

例えばこんなこと。

  1. 仕事で手が離せない
    ➡一人でお風呂に入る
    (入ることができても
    1階にあるお風呂にひとりでいけなかった)
  2. 旗当番でつきあえない
    ➡一人で学校にいけるように
    (道はわかるけど、1人で登校不安だった)
  3. 打ち合わせが長引いた
    ➡一人で留守番のきっかけ
  4. 締切の原稿に追われて家事がまわらない
    ➡洗濯 布団敷き 皿片付け 手伝いがふえた

仕事がきっかけで
息子にチャレンジさせるきっかけが
生まれて
私の過保護な背中をおしてくれ、
一つ何かができるたびに、

私も
息子にやらせてみよう!

そんな気持ちになるのです。

 

最近は

  • 電車に一人で乗る
  • 携帯電話の適切な使い方
  • 1人でお泊り学習(一人で寝る)

一人でできる事を
少しづつ増やしていけるよう
練習をしています。

 

失敗もある。
恥ずかしい経験もある。
ドキドキすることもいっぱい。

 

でもそれでも
やらずにあきらめるなら
失敗してもやってみるほうがいい。

 

最近は
お母さんは今仕事だから。

そういうと理解するように
なってくれたことがうれしい。

息子にも
自分の夢に向かってがんばれるよう
応援してあげたい。

私もまだまだ夢にむかって
歩き続けます。
(健康にきをつけて(笑))