多目的な使い方

今あるおうちで、開放感のある暮らし
今ある家をあきらめずに、
わたしの理想の暮らしを手にいれる

おうちコンシェルジュ
くらしのワークショップ
おうちサロン

おうち space
Maimyshop(まいまいしょっぷ)
吉野 舞依子です。

コロナでステイホームも
三か月余りになりますね。

これだけ家にいる時間が長くなり
どのようにお過ごしでしたでしょうか?

我が家も息子が平日土曜のほとんどは
外で過ごしているため
これだけ長い時間親子で過ごしたのは
10年ぶり?ぐらい?
まさに幼稚園に入る前以来のことです。

 

  • 家にずっといるのはしんどい
  • 家に居続けるのがストレス
  • 家にずっといられるのがストレス

 

家にいることがストレス~

 

なんとも悲しい響きです。

住まいは暮らしの核になるところ
心地よい暮らしは心地よい住まい

そう思っている私にとって
コロナをきっかけに

心地よい住まいづくりのお手伝いは
ますます必須になると感じました。

オンラインもなかったその昔に比べ
今はオンラインという環境で

  • 人と繋がることができる
  • お買い物もできる

一昔前に比べれば劇的に環境がそろっているのに
それでも家にいるのはストレスになってしまう。

 

なぜなんでしょうか?

 

それは

今の暮らし方と
住まいがフィットしていないから

 

これまで家族が家に居続けるなんて
自体誰が想定していたでしょうか?

ほぼ多くの方は想定していなかったとおもいます。

 

ですが、これからはこういう事態も
ありうるということですね。

それだけではありません。

  • 自然災害
  • あらゆるウイルス
  • オンライン化
  • 働き方の多様化

今までなら
ライフスタイルの変化は
子どもや家族の年齢成長とともに変化
するという想定だけあれば
事足りていたのかもしれません。

 

ですが、これからはそれだけでなく
日々生活環境 社会環境は変化します。

 

となるとこれからの時代
住まいはどう考えればいいのか?

 

いつでも可変可能な家

 

我が家の間取りは1LDKの間取り

要はLDK+多目的ルームしかないわけです。

プラス屋上(笑)

我が家は3人家族(現在オット単身赴任中で2人)

そして時々大勢(マイマイショップ)

 

一番変化している部屋がこの1部屋
多目的ルームなのです

我が家の中でも目まぐるしく
部屋の役割が変化しています。

  • お客様の寝室(夫専用寝室の時も(笑))
  • マイマイショップ
  • ユーティリティ
  • 子どもの遊び場
  • オンラインミーティングオフィス
  • おうち相談打ち合わせオフィス
  • 図書館etc...

 

子ども部屋でもなく寝室でもなく
多目的ルームという名前の部屋は
あらゆる活動にお役立ちです。

 

あらゆる想定をして部屋数作るなんて
予算的に無理だし
第一、お掃除が大変!

 

生活スタイルに応じて
臨機応変に変えられる部屋があれば
あとはアイデア次第!

 

まだまだ自粛も続くこの機会に
おうちの空間活用方法
是非見直してみる事をお勧めします。

 

マイマイショップではおうち相談も
お受けしておりますのでお気軽にご相談くださいね。