子育て相談 今がゴールじゃない 第一ゴールは社会人

今あるおうちで、開放感のある暮らし
今ある家をあきらめずに、
理想の暮らしが手に入る

体感型 space&showroom

おうち相談
ワークショップ
貸しスペース

Maimyshop(マイマイショップ)
吉野 舞依子です

こちら息子が小学校四年生で初めて作った
やる事マグネットです。

当時小学校四年生といいながら
まだまだまだまだ幼稚園年長さんぐらいの
幼さもあった息子です。

私が
『トイレ行った?』
『学校の用意は?』
『ご飯だよ』
『宿題やろ!』

何でもかんでも口出してました。

 

学校ではお友達の行動を見ながら
一緒に動けるのに
家では一人っ子だからか、
お手本がいないと自分では
なかなかしたくに動けない子だったんですね。

 

自分で動けるようになるには?

高学年になって
自分で考えて動けるようになるきっかけを
作りたくてと思っていた時

出会ったのが
やることマグネットでした。

今はリニュアルされてさらにおしゃれに♪

 

当時は
時間で動くことも苦手だったし、
絵本は読んでも
新聞とか字だけ読んで動く事に
なかなかハードルがあった息子にとって
絵で見れるのはとてもよかったですね。

毎朝
終わったものをマグネットで確認

最初は
『全部終わったかな?』
『次何やる?』
などちょっとした声掛けも
していましたが、
そのうち声掛けしなくても
毎朝自分で見てチェックするようになりました。

苦手な時間割もチャレンジ。

宿題も比較的スムーズに取り組めるように。

 

いまにして思えば
私からガミガミ言われなくても
このボードがあれば、
自分でできる。

そう感じてくれたのだと思います。

 

中学生になった今では
皿洗い

ご飯を作るお手伝い

ひとりで電車に乗ったり
買い物したり

 

とにかくこっちがみていて
ひやひやするけど

『ぼく、ひとりでできる!』

が口癖になりました。

その言葉を聞いたとき。

私は息子に子育てに大切な事を
教わりました。

 

勉強ができないと!
学校でみんなについていけないと!

 

確かにそれも大切な事かもしれません。

 

でも息子のゴールが学校生活ではなく
社会に出て、ひとりで生活できる事。

さらに言えば

自分で夢や目標に向かって頑張れる
そんな仕事や活動を見つけられる事

 

そんな当たり前のことに
気づかされたのです。

 

それ以来私は
今の息子を見るようになりました。

今息子にとって将来社会に出るために
必要なことは何か?
息子の将来やりたいことを
応援するには何をすればよいのか?

勉強も私生活もすべてそこが基準です。

 

いまや息子は私に意見することも
多くなりました。

私が○○だよ。と言っても
違うよお母さん。△△だよ。

といった感じで(苦笑)

 

なんでも素直に言うことを聞いていた息子より
口ごたえされる息子のほうが
まー疲れます(笑)

でも、息子は息子。
私ではないのです。

私という一人の人間がいるように
息子という一人の人間。

今息子の将来の夢は
ゲームクリエイター。

体育会系だった私は
高校球児の母とか憧れましたが(笑)
今は息子の夢を応援。

息子の夢は息子が決めるもの。
夢が持てない人なんていないと思うんです。
私がそれをいかに手助けできるか。
それに尽きるのだと思います。

 

息子の一歩の後押しにもなったこのマグネット
Maimyhsopでも

『一人でできる!』の応援をしたいとおもっています。

この夏是非ご参加お待ちしてます♪
詳しくはこちら(日曜開催)からごらんくださいね。

平日開催はこちらから