成長を見守る活動~コラボレッスンを通して感じたこと~

今あるおうちで、開放感のある暮らし
今ある家をあきらめずに、
理想の暮らしが手に入る

体感型 space&showroom

おうち相談
ワークショップ
貸しスペース

Maimyshop(マイマイショップ)
吉野 舞依子です。

 

Maimyshopでは2016年以来
4年にわたって様々な講座を開催してきましたが
その中でも開催当初から
続いているのがこちらの講座

絵本とアイシングコレボレッスン。

私の息子が2歳の時に
初めて先生方のレッスンを
受けたことがきっかけで、
時をへて息子が小学校四年生の時に
Maimyshopの講座を考えたとき、
是非にとお願いした企画でもあります。

 

現代の子ども達は
決められた課題には
きちんと対応できる
力があるのに、

自分で自分の創造を膨らませる
創造力がとても弱い
そう感じています。

 

以前読書感想文の企画をした時も
自分で自分の感想を
書くことが苦手。

ほんのあらすじは書けても
感想がかけない。

今、夏休み企画で
読書感想文の企画
あちこちで見かけますよね?

いまは感想文も
習い事になっている
そんな時代なんだなあと
感じます。

絵本とアイシングの講座では
もっと自由にこどもの感性を育める
事ができないものだろうか?

国語力を上げる
とか
宿題を片づける

そんな目的ではなく
子ども自身の持つ
豊かな心を育める

そんな発展体験を
やりたいねと
先生方と話して生まれた講座
でもあります。

とにかくルールというルールに
とらわれずに
子どもの自由な発想で
感じたことを表現する。

大人と違って
子どもは見本にとらわれずに
どんどん自由に仕上げていく
その姿に
私は子どもの子育てって
こういうものではないのかな?

人に追いつけ追い越せ

こどもの人生にレールを
私自身息子にしていないか?
真剣に考えさせる
きっかけにもなりました。

息子にもやらせてみると
まー夢中になって
私の手出し無用!

そんな感じでどんどん自由に
作っていましたね。

親からすると

『もっとちゃんと作って!』
『もっと丁寧に!』

そう思いたくなる気持ちを
ぐっとこらえて(笑)

それは講座でも
同じ想いのお母さんに
いつも言ってること(笑)

『お子さんの自由に』

アイシングを始めたころ。

まあ。好きに描いてましたね(笑)

スイミーの話はすきだったので
お魚だけはまあまあリアルですが
後は息子の自由って感じです(笑)

今にして思えば
息子が自分でやりたいことを
自分の意志でいろいろやれるように
なったきっかけだったかもしれません。

 

ついつい親は一定の成果を
求めてしまいます。

時にそれも必要かもしれません。

ですが、それがすべてではなく
もっと自分の意志を表現できる
そんな子どもたちになってほしい。

成果は大人になっていくらでも
努力でできるもの。

そうも思うのです。

この講座も開催当初からの
リピーターさんも多く、
習い事の合間を縫ってご参加。

本当に集中力が上がりましたし、
今や大人は後ろで見てるだけ?
写真撮影もできるぐらい余裕です(笑)

子どもたちの集中している
真剣なまなざしを撮影していて、
子どもの力ってすごいなと
私が教えられています。

今やゲームクリエイターを目指すと
いってヒカキンにあいたいとか
言っている中一息子も
いまだにアイシングも大好きです。

おかげさまでだいぶ上達しました(笑)

好きこそものの上手なれ。

私も息子のレールをひく母親から

息子の夢を応援できる母親に
成長させてもらったように思います。

 

子供の成長を見守れるそんな講座が
この講座でもあるように感じています。

もし、

お子様に○○しなさい!

昔の私のように、
そう言ってしまうお母さんがいたら
是非この講座で親子の心を育む時間
作っていただきたいと思います。

 

どんなお子さんでも自分で創造して考える力がある

沢山の子ども達と接してきてわかったことです。

成果物よりもその過程大切にしてほしいと思います。

この夏 発展体験たのしんでくださいね。

絵本×アイシングコラボレッスン テーマは 夏祭り 残席3

今年はかき氷と白くまくんがテーマのアイシング♪

さてさて、7月のコラボレッスンのテーマは
「夏の風物詩」

ふわはね先生の、
夏にぴったりの楽しい絵本の時間の後は、

しろくまくんのあつ~い夏の、
最高に涼しくて楽しい1日を
クッキーにしちゃいますよ^ ^

皆様の作るしろくまかき氷(笑)
楽しみにしています

7月のイベントは夏祭りです。

詳細はこちら
https://wp.me/p7dGpg-2OJ