自分らしさは自分でつくりだせばいい。

今あるおうちで、開放感のある暮らし
今ある家をあきらめずに、
理想の暮らしが手に入る

体感型 space&showroom

おうち相談
ワークショップ
貸しスペース

Maimyshop(マイマイショップ)
吉野 舞依子です。

 

先週今週は息子の用事も多かったり
締切まじかの書類も多かったり家に
いることが多いこの頃。

同じ姿勢で同じ動きは
ストレスにもなるし体に良くないので、
先週から今週 1日1か所大掃除。

土曜日 洗濯機
日曜日 キッチン
火曜日 お風呂掃除

まー出るわ出るわ。カビ垢諸々…
見苦しすぎてお見せできませんが💦

週末に両親が来ることもあり、
一足先にプチ大掃除。

やっぱり水回り油周りは汚れがたまりやすい。
1.2か月に1回はお掃除するといいですね。

お掃除グッズもシンプルに
パッケージもおしゃれなのがあると
気分が盛り上がるので、
詰め替えボトルをおしゃれに工夫すると
気分もいいです♪

その話はまた書きますね。

今日は時間の使い方の話。

私は自宅でできる仕事をしているので、
仕事と家事をバランスよく入れたり、
息子の緊急の出来事も
意外と柔軟に対応できます。

掃除も一日一か所なら無理なくできるし、
仕事の合間に気分転換。
体を動かす事で頭もスッキリ。

試行錯誤ですが、
起業して三年。だんだん。
自分らしい働き方が見えてきました。

最近「自分らしく生きる」ってなんなんだ?

 

自分らしく生きる事が大切だと
感じながらじゃあ?それって何?

分かりやすそうでわかりにくい。

 

そんなことを感じていました。

 

自分らしさは人によって違うと
思うのですが、

私の場合自分の本音に向き合うことが
自分らしさの一歩だったと思います

人にこびず
人と群れず
人の目を気にせず

自分の好きなこと
自分がいいなと思うこと
自分が共感すること

それをしたら
人がどうとか
周りがどうとか関係なく
自分が良ければいい。

そんな感覚でしょうか?

もちろん世の中には
当たり前にルールとか
法律とかありますし、
人を傷つけること、
誹謗中傷は論外ですね。

でもそういう常識を外さなければ
自分の感覚では
ないかと思うわけです。

 

ところが意外とできていない。

なぜか?

自分の本音に向き合う時間
作らないからだと思います。

忙しい 時間がないを言い訳に。

私は向き合う時間結構
つくってます。

手帳の時間。
読書の時間。
体メンテの時間。
最近は瞑想の時間も。

 

手帳は 単に予定を入れるのではなく
自分の夢や目標やりたいこともいれます。

 

読書は自分の知識考えを深めたいとき
や自分の本音のヒントが本に隠されてたり。

 

体メンテは 健康づくり

 

瞑想の時間は新たな息吹を吹き込む感じ。

 

先日息子の送迎待ち時間に
携帯 手帳 本 私の外出三種の神器
すべて忘れてすることなーい。

 

ならば瞑想! していたら、
新しいアイデアが吹き込んで!

マイマイでやってることが
暮らしに生きてます。

皆さんにも是非ここで受講したことを
日々の暮らしに役立ててほしいです。

今週は

読書会(残2)

来週は
絵本工作(残1)
あそびの先生。
バーオソル(残2)
クリスマスアレンジ(満席)

です。

自分と向き合う時間 活用してみませんか?