好きなことを続ける勇気

今あるおうちで、開放感のある暮らし
今ある家をあきらめずに、
わたしの理想の暮らしを手にいれる

おうちコンシェルジュ
くらしのワークショップ
おうちサロン

おうち space
Maimyshop(まいまいしょっぷ)
吉野 舞依子です。

 

coronaの影響で自粛活動が続いた三か月
6月に入って徐々に外出活動も増えつつありますね。

ですが、だからと言って
beforecoronaに戻るかといえば
決してそうではない事はだれでも感じているとおもいます。

むしろ多様な変化が現れるのは
これからといってもいいのではないでしょうか?

 

今まで当たり前だったことが当たり前でなくなる。

生活も仕事も教育も
色んな事が変わっていくと思います。

 

これからの時代はこうあるべき
という理屈が成り立たなくなるでしょう。

 

今仕事でも副業の波が加速しているといわれています。
時代の変化が激しく
一つの仕事に頼ることのリスクが大きくなると
思います。

 

副業の在り方

副業をするという受け身な発想ではなく、
自分から考え行動していく強い意志が、
副業と上手に付き合って続けられるコツだと思います。

同時に

  • 何ができるかという能力と
  • 誰と繋がっているかというネットワーク

この二つをうまく掛け合わせていくことが大切だと思っています。

 

そもそも、副業に困難はつきもの。
副業中に起こった出来事はすべて基本自己責任となります。

また年齢を重ねていればいるほど、
体力的に厳しいと感じる人も多いでしょう。
内容次第では確定申告を行う手間も生じます。

 

収入を伴う副業という考え方と
収入を伴わない副業という考え方

人生を楽しむためのサードプレイス的な場所
そういった考えもでてくるのではないでしょうか?


サードプレイスというのは家庭でも職場でもない
第三のとびきり居心地のいい居場所です。

これからの時代には
職場以外の居場所がある、と
いうことがとても大切だと考えています。

例えば管理組合もPTAも、本人が義務的ではなく、
やりたいと思って目的があって行くなら、
「自発的に行く場」に変わる
サードプレイスのきっかけになりうると思います。

これまでは仕事と家庭だけだったけれど、
今後は趣味やボランティアの方に
シフトしていく時期かもしれない
といったように、
より広い視野で見られるのではないでしょうか。

 

1 自分が好きなことをやる

2 それが最初は誰にも受け入れられなくても辞めないで続ける 
(他人の目を気にする人はこれができない)

3 そのうち周囲に広まりだす

4 理解されだして口コミが始まる

5 黙っててもあなたに合う人が来るようになる。

 

自分自身をすっぽかして、
他人の評判で動いてもいつまでも自分らしい人生はつくれない
そうおもっています。

大事なのは

  1. 自分が本当にやりたいと心から思えるものがあるか
  2. それを周りに振り回されず続けることができるか

 

自分の好きなことを続ける勇気は
年を重ねるごとにできなくなってくるもの。

周りに守るものがあったり、制約があったりするからです。

そんな中で

 

いかに自分らしく生きられるのか。
自分らしい人生をおくれるのか。

それは環境でもなく他人でもなく自分自身次第。
自分次第で環境も変わっていくもの。

Maimyshopという場所が
皆様にとってのサードプレイス的な存在になれるよう
これからも精進していきたいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です